ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまうやつが書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

『湯を沸かすほどの熱い愛』ネタバレしないで感想

2017年12月20日にテレビ放送された『湯を沸かすほどの熱い愛』を録画していて、

今更になって視聴したのでネタバレしないで感想を書いてみる。

 

この映画をなんで録画していたのかというと、

この映画の主題歌を自分の大好きなバンド『きのこ帝国』が歌っていたから。

それ以外の理由は特にないです(笑)。

 

観終わって特に感じたことは、自分が涙もろくなったなぁ、ということ。

映画中、終始泣いていた気がする。

病気になる系の映画であんまり泣いたことないんだけど、

この映画は涙なしでは見れなかった。

自分が、「家族」とか「病気」というワードに弱くなったのかもしれないー。

 

簡単にあらすじを書くと、

宮沢りえ演じる幸野双葉が末期のがんにかかっていて、

余命3か月くらい?と宣告される。その後、家族の為に奮闘するというもの。

 

夫役はオダギリジョー。この人の演技が凄い好き。

ちゃらんぽらんの男なんだけど、どこか魅力があって、

情が厚くて他人の邪魔にならないようふるまう感じ。

こんな力の抜けたいい男に生まれたかったね。

 

話自体は結構、大味な気がするけど、細部の生活感とか、

やりとりとか会話が自然な感じがする。なんかそれっぽい感じ。

病気になる映画っていろいろあるけど、過剰なイメージがなくて、

この映画は現実味を帯びている気がして。

 

宮沢りえと娘役の杉咲花の迫真の演技が素晴らしい。演者がみんな上手い。

最近、演技の上手い下手がわかるようになってきたかも。

 

さらに、凄いのはラスト。衝撃のラスト。こんな映画だとは思いもしなかった。

おそらく、ラストから全体の構想が練られているのかな?

 

ラストシーンからの、きのこ帝国「愛のゆくえ」が流れてクレジットへ。

テレビ版なので「愛のゆくえ」はフルでは聴けませんでした。残念。

 

内容を書かずに感想を書くのって難しいんだね。

 

ぜひ、観てみてください。

 

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [Blu-ray]