ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまう大学生が書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

やりたくないことができないなら後回しにしないほうがいい

f:id:ijsaki:20171203183845p:plain

やらなきゃいけない仕事や課題があって、

でも、その仕事がやる気にならないから、

後回しにしてしまうことってありますよね。

 

結局、その仕事の期限の直前になってから、

やり始めて、苦痛を強いられることになる。

 

特に学生にそういう人物が多い気がします。

僕の所属する大学では第3学年の時に、

実験のレポートを毎週20~30枚くらい書かされます。

レポートを書く前にも、大量のデータの整理をしなければならないので、

どうしても1回の徹夜では終わらないくらいの

時間がかかってしまいます。

 

それにもかかわらず、

レポートを当日から書き始める人とかいるんですよ。

いままで、お前は何をしてたんだ。

一日で終わらないことがわかっているなら、

前もって少しは進めておくべきでしょ。

結局そういう人は、人のレポートをコピペして

事無きを得るんですけどね。

 

まあ、嫌なことをやらなきゃいけないときの、

気持ちはわからないでもないです。

やりたくないことって最初の一歩を踏み出すのが、

難しいんですよね。

嫌だからやらない。

でもやらなくちゃいけない。

っていう堂々巡りといいますか。

 

でも、案外始めてみれば、

そんなに苦じゃなかったりするものです。

バイトに行きたくないけど、実際行ってみたら楽しかったとか。

食わず嫌いしてるけど、食べたらおいしかったとか。

いろいろありますよね。

 

僕も今の外部研究先が結構苦痛でして、

そんなに面白いところでもないし、気を遣わなきゃいけないし。

でも、とりあえずは通ってます。

まずは行くことから始めてます。

 

嫌なことでも、後回しにせずに、

とりあえず始めることから始めてみれば

何か得るものがあるかもしれません。