ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまう大学生が書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

wi-fi中継

f:id:ijsaki:20171203182310j:plain

スプラトゥーン2を買った。

前作は友達の家でやったことがあるだけだったが、これで思う存分にできる。

しかし、私の家のwi-fi事情はなかなか難しいのだ。

 

家のテレビは1階にあるのにもかかわらず、

wi-fiルーターがあるのは2階のみだからだ。

どうしても大きなテレビ画面でスプラトゥーンをプレイしたい。

スプラトゥーン2をプレイするためには、どうしても1階までwi-fiを飛ばす必要がある。

 

1階までwi-fiを飛ばすための、

 

wi-fi中継機としてbuffaloのWEX-733DHPという機種を買った。

これの中継機を使うことで、確かにwi-fiを1階で受信することができた。

しかし、これを使ってプレイしている途中、30分や1時間くらいで

通信が途切れてしまうことが多々あった。

 

オンラインゲームで通信が切れてしまうのは、致命的なことである

せっかくのところで勝てそうな試合でも、

通信が切れてしまったら、結局負けになってしまう。

特にスプラトゥーン2にはウデマエというレートがあるので、

数回負けただけで、ウデマエは下がってしまう。

この時は、本当にイライラした。

 

後で、調べてわかったことなのだが、

wi-fi親機がNECのATERM BL900HWという機種なのだが、

この機種には自動チャネル変更機能というのがあるらしい。

自動で電波の干渉しにくいチャネルに変更してくれる機能であるが、

チャネル変更によって、中継機との接続は切れてしまう。

この機能をoffにしたら通信は安定した。

 

最近の家電は便利かどうか

よくわからない機能がついているものだ...