ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまうやつが書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

統合失調症の母(6)

 2017/10/15

 

恒例になった母親のお見舞いに行った。

この前のお見舞いで、母がモンブランが食べたいと言っていたので、

途中、病院近くのローソンに寄った。

あいにく、モンブランは売っていなかったので、

代わりに、栗ホイップのどら焼きを買っていった。

次こそはモンブランを持っていこう。

 

いつもの病室へと向かうため、ナースステーションに寄ると、

母の病室は別に移り、他の人と共同の部屋になったらしい。

そちらの病棟に着くと、病室へは入れず、

談話室みたいなところに通された。

 

母はすたすたと歩いて入ってきた。

一週間前までは、歩くのもやっとみたいな感じだったので、

一週間でかなり回復したようだ。

点滴も終わりになって、いまはおかゆを食べているらしい。

母はおかゆではなく、パンが食べたいんだよね、と言っていた。

 

いつになく、母は元気だったように思う。

買って行った、どら焼きもほとんど食べていた。

また、僕の着ている服を、良い服着てるねと褒めてくれた。

 

母はいまだ、お父さんの職場や僕のバイト先が、

どこかよくわからないという。

お父さんの職場が襲われたような夢を見ていたと言っていた。

そのあたりの記憶が曖昧らしい。

それは夢なのだ。

それは客観的な事実ではない。

母はようやく長い夢の中から抜け出そうとしている。