ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまう大学生が書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

統合失調症の母(2)

17/9/17

母に会うのは2週間ぶりだ。

統合失調症と診断されてからちょうど1月くらいだ。

 

保護室を出て、他の人と共同の部屋になった。

ご飯をあまり食べないので、胃と肝臓?が悪いらしい。

なので、精神科と内科の両方を診てもらえる病院に

移ることが決まった。

 

実際、会ってみるとまあまあ元気そうではあった。

表情も取り戻しつつある。

しかし、母は点滴をしている状態だった。

母は他愛のないことをしゃべっていたが、やはり元気はなかった。

好きだったテレビ番組がちょうど談話室に流れていたが、

まったく関心がないようだった。

 

私は、母がまた何か物騒なことを言い出すのではないかと

内心、不安に思っていた。

薬が効いていたのだろうか、

そういったことは口にしなかった。

1か月もすれば、妄想も強迫観念も忘れれるのだろうか。

 

統合失調症の人はおそらく、

現実と虚構の区別がつかなくなってしまうのだ。

実際、現実と虚構を区別する具体的な方法など存在しない...

それに、引っ張られるように私も、

母が統合失調症になったことが本当に

現実のことなのか不安になる。

 

不安定な時期が終わってほしいと切に願う。