ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまう大学生が書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

シャドバ ライバルズ ハース 3つのDCGの違いと所感

ここ2年くらいDCGにはまってます。

 

一応それぞれグラマス、レジェンドというランクマッチの最上位ランクまで上がる程度まではやってみました。(シャドバは最近やってません)

その3つのカードゲームの違いやプレイの感想を述べたいと思います。

 

*個人の見解です

 

 

勝手に比較表

 

シャドバ

ライバルズ

ハースストーン

リーダースキル

無し

有り

有り

山札

40枚

30枚

30枚

初手(マリガン)

先3+1 後3+2

先3+1 後4+1

先3+1 後4+1

武器

無し

有り

有り

配置要素

盤面

5体

6体

7体

試合時間

3~10分

10~25分

5~15分

カードの集めやすさ

×

 

シャドバ

f:id:ijsaki:20180816213141j:plain

・ユニットの進化権があるのが特徴的

・進化権の使い方が重要

・ライフが20点しかないため、基本的には盤面を処理しなければならない

・キーカードを手札に引き込んでいた場合、先攻が有利なイメージ

・先攻が基本的に有利なのは、先にスタッツの高いユニットを出せるため

・ミラーではデッキによっては後攻が有利な場合もある

・昔はバハムートという全体除去が存在していたため、メンコをしていた

・最近では比較的にうまく調整されていて、盤面を一気に返すことはなかなか難しい

・破壊しづらいアミュレットの存在

・場に5体までしか出せないので、盤面ロックが起こりやすい

・お互い3枚ずつマリガン

・マリガンの重要度が高い(初手に左右される)

・デッキが40枚とかなり多いため事故りやすい印象

・デッキにカードをそれぞれ3枚ずつ入れられる

・カードのテキストが長すぎる

・山札切れによる決着があまりない

・他のカードゲームに比べるとリーダースキルと配置がないため選択肢が少ない

・PP通りにカードを並べるだけの場合も

・リーダースキルがないため序盤のパスが致命的になりやすい

・ユニットの配置はプレイした順

・配置に左右される場面は少ない

・パックがかなり配布されるので、カードを集めやすい

・2pickやストーリーなどランクマ以外も充実

・1試合のテンポがいい

・お手軽に対戦できる

・絵が綺麗

・新規プレイヤーが参入しやすいつくりになってると思う

 

 

ドラクエライバルズ

f:id:ijsaki:20180816213159p:plain

・リーダースキルと配置(3×2マス)の要素が特徴

・リーダースキルを使うためには、テンションを3回あげる必要がある

・先攻3枚マリガン、後攻4枚マリガン

・先攻はテンション0、後攻はテンション2の状態

・先攻が高いスタッツのユニットを押し付けれるので、先攻が比較的有利

・ミラーは先行が有利

・デッキは30枚、比較的事故りにくいとは思う

・レジェンドは1枚、その他は2枚ずつ入れられる

・ジャガーメイジみたいな謎のテック?カード

・選択肢が多い(テンション、出すユニット、配置、武器、処理か顔面か一旦放置か)

・明確な勝ち筋が必要な気がする

・ケアしても裏目が多い印象

・不利なマッチもまあまあ覆せる

・床要素

・全体除去がすごい強いわけではないので、テンポをとると盤面は返されづらい

・最近ではダークドレアムやマイユなどのカードが登場し、盤上を無視しつつある

・カードはシャドバよりは集めにくい

・1デッキを作るならすぐだが、全リーダーのデッキを作るのは時間がかかる

・闘技場が面白い

・闘技場はトルネコの1強になりつつある

・キラーグース、クリフトなどのランダム要素カードが強い

・1試合15分くらいかかる

・演出がちょっと長い

・レジェンドに上がるのが大変

・勇者杯のプレイヤー達がすごい上手かった印象

 

 

ハースストーン

f:id:ijsaki:20180816213244j:plain

・デッキは30枚

・ヒーロー固有のヒーローパワーがある

・先攻3マリガン、後攻4マリガン

・後攻はコインを持っていて、使うとそのターンだけ1pp増える

・そのため先攻と後攻では五分に近いとは思う

・コインとヒロパの使い方が重要

・ユニットを7体まで出せる

・ユニットのぶつけ方が非常に難しい

・HPは30、多いようで多くない

・理不尽な全体除去が飛ぶ

・配置は全体除去へのケアやバフのために考える必要がある

・大味なゲームかと思いきや、除去できないものはできない

・ど派手だけど繊細?なプレイングが求められるイメージ

・安いデッキでも勝てる

・デッキ構築がとにかく多彩である(自由度が高い?)

・カードと対戦相手の使用するデッキへの知識と理解が必要

・ランダム要素の効果が面白くて、DCGの良い点が生かされている

・上手い人はマジで上手い

・カードバランスが良いので、カードプール使えないカードがあまりない印象

・携帯アプリ版はかなり容量を食う

・カードを集めるのがマジで大変

・レジェンドカードが高すぎる

・チュートリアルが長い

・ゲーム全体としてユーモアに富む

・大会を見るのが楽しい

・新規プレイヤー参入しにくそう

 

みたいな感じですかね

今後ともこれらのカードゲームに触れていきたいなと思います。