ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまうやつが書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

『大晦日』をテーマにした曲 3選

 

f:id:ijsaki:20171231114117j:plain

今年も終わりになりますね。1年とは本当に早いものです。

私は、いろいろあって大変な年でした。

 

皆さんはどんな一年だったでしょうか。

人それぞれその年の感じ方って変わりますよね。

 

 そんな年の瀬に聴きたい、

自分の知っている「大晦日」をテーマにした曲を紹介したいと思います。

 

1. きのこ帝国「ラストデイ」

その年の最後の日、幸せを噛みしめる。

来年も今年と同じような毎日を続けられるだろうか...

それはわからない。それでも、いつまでも変わらないでいたいと願った曲。

 

イントロのアルペジオがカウントダウンしてるみたいで、

一年の終わりを感じさせる。スローテンポで歌声が染みる。

乾いた季節のイメージが強く表現されている。

 

きのこ帝国の曲はパーソナルな感じがして、すごく身近に感じられる。

いつ聴いても真っすぐで綺麗な曲。

 

きのこ帝国 ラストデイ

 

2. スピッツ「みそか」

正確には大晦日を歌った曲ではない。

「みそか」とは毎月の最終日のことです。

特に12月の終わりを「大」をつけて「大みそか」と言うようです。

 

スピッツときくと、「空も飛べるはず」「チェリー」とか

しっとりした曲を思い浮かべると思うんですけど、

この曲はめっちゃロックしてる。かなりアップテンポ。

あまり知られていませんが、スピッツって昔メタルバンドだったらしいですね。

ラスサビ4:00~のツーバスがいかにも、メタラーっぽい。

 

ピッキングハーモニクスを使ったギターソロがかっこいい。

 新しい一歩を踏み出せるハイパー前向きな曲。


みそか LIVE

 

 

3. レミオロメン「大晦日の歌」

サビのメロディーがレミオロメンっぽい。ちょっとオシャレ。

曲がひとつの物語になってて、聴いた後しんみりする。

 歌声が本当にストレートですごい好き。

 

ちなみに2:20の「響き渡る大晦日の歌」というのは、

NHKで大晦日に放送される、

ベートーヴェン 歓喜の歌 交響曲第九番のことらしいです。

 

現在、レミオロメンは活動休止中ですが、こんな名曲を残していたのですね。


レミオロメン - 大晦日の歌 (LIVE).mp4

 

以上「大晦日をテーマにした曲 3選」でした。

よいお年を。