ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまうやつが書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

乃木坂46と永野亮の音楽

最近、研究室で一人の同期が乃木坂46にハマっていて、乃木坂46のバラエティ番組を延々と見続けている。本当に、彼にはそれしかすることがないかのように、研究を二の次にして、7年近く続いているその番組を最初の回から見続けている。乃木坂46の何がそんなに彼を夢中にさせるのだろうか。

いつしか、僕も彼に合わせて、一緒に観るようになった。僕も乃木坂46のことが好きになった。乃木坂の楽曲のほとんどを聴き、乃木坂の出るテレビ番組を観るようになった。そして、僕は1人の女の子に恋をした。

堀未央奈

あの透明感がたまらない。表情が豊かでツルんとした顔が特徴的。大食いで、不思議ちゃんキャラで、いつも楽しそうで、人を笑わせようとしてる。スタイルもよくて、ファッションとか映画とメイクとかも勉強してて、なによりアイドルに対する覚悟が違う。

要するに、自分にとって最強のアイドルだった。

 

ここまで書いたが、この記事は堀未央奈について語るつもりではなく、堀未央奈の個人PVに使われてる音楽について語りたい。

個人PVというのは、乃木坂46のメンバーそれぞれの個性を引き出すようにしてつくられたPVである。いままではシングルのCD?に特典として付けられてきた。

今回とりあげる堀未央奈の個人PVは、彼女がデビューしていきなりセンターに抜擢された7thのシングルに付属されている。監督は柳沢翔。監督もすごいのだけれども、特に今回は音楽に注目してみた。オリジナル音楽は永野亮である。youtubeには予告編しかなかったので、それを載せる。

 

 

予告編を見ただけでも、脳裏に焼き付くメロディーの強さ。

このPVで描かれている内容は、研究生からいきなりセンターに選ばれた堀未央奈の境遇に一致する。堀未央奈は乃木坂46のオーディションに受かってすぐに、高校に退学届を出したらしい。アイドルとして活動することの覚悟を示した、堀未央奈の原点となる映像だと思う。

間違っていると言ってみる 正しいんだと言ってみる

たったこれだけの歌詞なのに、惹き込まれる音楽。映像のコンセプトに合わせた音楽を作るのが天才的にうまい。この映像に対して、これ以上にマッチした音楽を作れる人はきっといない。さらに、この口ずさみたくなるメロディーの強さ。素晴らしい才能だと思う。柳沢翔の少し、映画のような暗めのタッチの映像が印象に残る。

 

もう1つ注目してもらいたい乃木坂46の個人PVがある。伊藤万理華×柳沢翔の個人PVだ。これもオリジナル音楽は永野亮が担当である。

 

 これは多分フルで見れるはず。

舞台の準備で、男の子が伊藤万理華に「傷」のメイクをしている際のやりとりを描いている。

when i was think of you

から歌詞が始まり、お互いに想いあっていることがわかる。セリフがほとんどなくて、映像の緊張感がひしひしとこちらにも伝わってくる。「ナイフ」と「傷」をテーマにした会話が印象的。その後の急展開から流れるシンプルで素敵な音楽。余計なものが全く入ってない音楽で、無添加育ちな印象。ビートルズみたいな良さがあって。

 

永野亮さんはApogeeというバンドもやってるみたいです。

 こんな感じの歌声なんですね。スピッツの草野マサムネみたいにまっすぐな声の印象を受ける。MVがめちゃくちゃハイセンス。どっかで見たようなはちゃめちゃな宗教画みたい映像。ベースがちょっと複雑だから、不思議な曲の印象を受けるのかな。

 

以上、乃木坂46と永野亮の音楽でした。

 

夜間飛行

夜間飛行