ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまう大学生が書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

前向きとは何か

f:id:ijsaki:20171203180051j:plain

昔、プロのPAさんに、少しだけ教えてもらうという機会がありました。

(PAというのは、ライブやフェスなどで音響調整をしている人たちです。)

(ちょっとした高台みたいなところにいる人たち。)

 

それで僕は、PAさんに教えてもらったことを

後で生かせるんじゃないかと思って、

メモを持って行って、書き残しておこうと考えていました。

 

それでメモ帳を持参して行ったんですけど、

PAさんがそんな僕を見て言ったんです。

「きみ、メモ持ってるの、前向きでいいね。」

 

前向き?自分が?

「前向き」という言葉の使い方がふと疑問に思ってしまったんです。

僕はそんなに明るいわけでもなく、

ポジティブシンキングなわけでもない。

 

それで、辞書で前向きという言葉を調べてみたんです。

 

まえむき【前向き】

 
( 名 ・形動 )
前の方を向くこと。 「 -にすわる」
考え方や取り組み方が積極的・建設的である・こと(さま)。 「 -に検討する」
▽↔ 後ろ向き
 

出典|三省堂大辞林 第三版

 

 

「前向き」っていう言葉を、僕は今まで、

失敗したことがあっても気にしないとか、

悲しいことがあってもすぐ立ち直るとか、そういう言葉だと思っていたんです。

 

でも、実際は「前向き=ポジティブ」っていうことではなくて、

物事に積極的に取り組む姿勢「前向き」っていうらしいです。

PAさんの言っていたことは合ってたみたいですね。

 

 

例えば、学校でテストがあったとして、

必死に勉強をしてからテストに臨む人と、

勉強しなくてもテストが出来ると考えて、勉強せずにテストに臨む人。

 

僕らは、後者の人のほうが前向きだと考えてしまいがちですけど、

楽観的なのと前向きなのは同じように見えて、同じではありません。

本当に前向きなのは前者の人。

そこをはき違えてはいけません。

 

物事に積極的に取り組む姿勢があれば、

僕たちは、誰しもが「前向き」になることができるんですね。