ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまうやつが書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

車や電車から外の景色を見ると、いつもより視力が良くなった気がする現象

f:id:ijsaki:20180510211039j:plain

表題の通りだが、これ何?

自分、視力がそこまでいいわけでもなくて両目0.6ずつくらいで、人の顔とかあまり判別できない。

だけど、車に乗ったときとか、電車に乗ったときとか、いつもより少しだけ視力が良くなった気がする。ここでいう視力が良くなったというのは、遠くの物が見えるという意味で。

調べたらどこにもその現象について載ってないので、自分の勝手な仮説を書いておきます。

 

①車や電車のガラス窓に度が入っている

車や電車のガラス窓にはいくらかの度が入っている?ために、裸眼で外の景色を見た時よりも、遠くの景色が見えるようになっている?つまりガラス窓が眼鏡の役割を果たしているために、遠くの景色が良く見える。

 

②遠くの景色を見ることで、視力が回復している

いつもよりも遠くの景色を注視していることにより、遠くを見るために必要な視力が若干ながら回復している?いつも近いところばかり見ているために、外に出て視力が回復した。または、屋外だから。

 

③自分の気のせい

ネットでこのことを検索してみたら、誰もこの謎の減少について書いていなかった。つまり自分の気のせいである可能性が高い。

 

④速く運動していることにより、目に光が相対的に速く集まる

静止しているときよりも、車や電車に乗っているときのほうが、早く運動しているため、いつもよりも少しだけ早く、目に光が集まるため遠くが見える?

 

何か知っている人がいれば、コメントください。