ヌーノ・別天地構想

ゆるく生きたい

MENU

スポンサーリンク

きのこ帝国 【夢見る頃を過ぎても】ツアー 2018/4/01 @新木場STUDIOCOAST [ライブレポート&セトリ]


f:id:ijsaki:20180402113411j:image


きのこ帝国 結成10周年記念ツアー「夢見る頃を過ぎても」

@新木場スタジオコーストで観ました。

 

10周年おめでとうございます!とにかく最高のライブでした・

 

基本的にネタバレ?的なものになってしまうので、

嫌な人はブラウザバック推奨します。

 

まだツアーが終わっていないので 、セトリとかは公開しないのが、

暗黙の了解?らしいですね。最近知ったのですが。

 

曲名も何曲か上がりますが、お許しを。

 

箇条書きで書きたいと思います。

 

・会場は新木場STUDIOCOAST

・SEはPlentyとかCeroとか流れてた

・知らないSEも多い

・あーちゃんの好きな陰陽座の「刃」流れてた(笑)

・お客さんは男女1:1くらいの比率

・カップルもまあまあ多い

・大学生くらいの人多かった

・新木場はSOLDOUTしたらしいので、会場に人がいっぱいだった

・自分はフロアの真ん中らへんでみた

・会場が暗くなり、メンバー登場

・さとちー最後に登場

・最初は度肝を抜かれた「ユーリカ」

・歌いだしでマイクの前に出されるさとちーの手がかわいい

・本当に声が透き通ってる

・原曲との再現度合いがすごい

・そこから有名曲のオンパレード

・さとちーとあーちゃんが揺れてる

・シゲとコンちゃんの安定感

・なんといってもさとちーの歌声の存在感

・音源で聴くよりも曲の緩急がついていて、鳥肌が立つ

・半泣きした

・「猫とアレルギー」のためあーちゃんがキーボに

・「猫とアレルギー」でさとちーの裏声が少しかすれてて不安に思った

・でも「スカルプチャー」で吹っ切れて、その後調子良かった

・さとちーは顔で歌う

・顔くしゃくしゃにして歌ってるの好き

・叫ぶ部分はだんだんマイクから離れていく

・でも声が通ってる

・現代の歌姫

・自分の声を完全にコントロールしてる

・新曲「&」はギターロックでもあり、ポップでもある

・圧巻の「退屈しのぎ」

・聴き手の集中が全く途切れなかった

・この曲が8分あると思えない

・それくらいに棒立ち

・何度も書くけど、緩と急がすごい

・「疾走」のあとのコンちゃんのこんにちは!

・MCは10周年なのに、なぜか初々しさを感じた

・いつまでも末永くバンドを続けてください

・さとちーのテレキャスの音がきれい

・「クライベイビー」で泣く人

・最後はあの曲

・拍手がなりやまない

・アンコールで再登場

・「夢見る頃を過ぎても」1人の友達に送る歌

・歌詞を大切にしているんだなと思う

・歌詞が染みる

・本当に最後はあの曲

・最高潮の盛り上がり

・10周年おめでとうございます!

・そして最高のライブをありがとうございました

 

 

セットリスト

■2018/4/1 新木場 セットリスト
1. ユーリカ
2. 海と花束
3. WHIRLPOOL
4. クロノスタシス
5. 猫とアレルギー
6. スカルプチャー
7. 退屈しのぎ
8. ハッカ
9. 風化する教室
10. 桜が咲く前に
11. 疾走
12. &(新曲)
13. 怪獣の腕のなか
14. 愛のゆくえ
15. 夜が明けたら
16. クライベイビー
17. 東京

ec.
18. 夢見る頃を過ぎても(新曲)
19. 国道スロープ