ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまう大学生が書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

何も気にしない生き方

 

f:id:ijsaki:20171104221433j:plain

突然だが、私は夏休みの宿題は計画的に行うタイプである。

夏休みの最後の方ギリギリになって、

宿題を終わらせるって人結構いるらしいですが、

 

そんなことは信じられない。

私は友達と待ち合わせするにしても、絶対に10分前くらいには着いている。

これまた、時間にルーズな人が世の中には多い。

 

何が言いたいかというと、私はかなり心配症で生真面目なのだ。

他人の目を必要以上に気にしてしまう。

おまけに悲観的である。これが厄介。

昔の恥かいたことをいまでも思い出すのだ。

男の子は母親に似やすいと聞くが、

母親の心配性が遺伝したのだろうか。

母親もかなり極度の心配性だった。 

 

 初めに言っておくが、必要以上に心配性だと、いいことがない。

夏休みの宿題ではないが、本来、世の中の大抵のタスクなど、

どうだってよいことのはずだ

終わらなくたって、失敗したって何も気にする必要なんてないようなことだ。

失敗したって、笑って話のネタにでもすればいい。

それでも僕は心配してしまうのだ。いらぬことを考えてしまう。

不必要に考えすぎてしまって、消耗してしまっている。

 

とは、わかってはいるのだが、

一度育ってしまったなら、自分の性格を簡単に変えることはできない。

ここまで育ってしまうと、自分の本質を曲げることができない。

私も何も気にしないで、楽観的に生きたいと果てしなく思う。

楽観的というだけで、幸せになれる要素は十分に足りているように思う。

本当に楽観的な人を羨ましいと思う。私も楽観的に生まれたかった。

 

インドにでも行ったら、世の中どうでもよく思えてきて、

価値観が変わるだろうか...今度機会があれば行ってみたい。