ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまうやつが書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

カタカナ5文字のアーティスト [まとめ]

なんか気になったので適当にまとめてみた。

 

ハナレグミ

正直なところ、名前は聞いたことあるんだけど、どういうアーティストなのか知らなかったので、いい機会になった。一番再生されてるのが、野田洋次郎作詞・作曲の「おあいこ」だったので、あえてこっちの曲を貼っておく。落ち着いていて、とてもいい曲。メロディーと声の張り方が独特で素敵な印象。

 

スガシカオ 

正直あんまりちゃんと聴いたことなかったけど、めっちゃいいですね。ちょっとハスキーな声がもっと聴きたくなる感じ。この曲2002年に出てるけど、平成最後の夏に聴いても古い感じがしないのが、すごい。スガシカオさんは夜空のムコウの作詞者としても有名。

 

ヒグチアイ

ココロジェリーフィッシュが一番有名というか、キャッチーな曲なのは間違いなさそう。MVに武田玲奈ちゃん出てるよ。他の曲も訴えかけるようなところがあって、好きだけど、共感はあまり得られないかもしれない。恋愛の曲だけじゃなくて、自分の人生とか生まれについての曲がある点が好き。鬼束ちひろに近い何かを勝手に感じてるので、頑張ってほしいと思います。

 

ケツメイシ

またしても一番有名な曲「さくら」を貼ろうと思ってたけど、You Tubeにカバーしかなかった。ケツノポリス2は自分も持ってます。中学くらいのときに買いました。この曲は2016年の劇場版クレヨンしんちゃんの主題歌になってるらしい。PVのダチョウ倶楽部と曲がマッチしてて素晴らしい。

 

クラムボン

 正確には英語でclammbonなのかな?クラムボンは友達がコピーしてるのを、何回か観たことあるくらいだった。記事を書くために、いろいろな曲を聴きたんだけど、この曲が好きだったので、載せることに。もう20年以上活動してるみたい。他の女性バンドに比べて、伸び伸びしてて、ゆったりとした曲が多い印象。ライブの雰囲気もすごいよさそう。

 

 

 

キマグレン

LIFEのCDは僕も持ってます。この曲が流行ったのは当時自分が中学生のときだったので、10年前くらいですね。確か紅白歌合戦にも出ていたような。この曲以外はあまり知らなかったが、いつの間にか解散してしまった。ナオト・インティライミと組んで、FNS歌謡祭にてクリロナにタオルを振り回させた過去がある。

 

ウルフルズ

世代じゃないからだろうけど、ウルフルズとTHE BLUE HEARTSがいつも頭の中でごっちゃになってる。申し訳ないです。ほら、トータス松本と甲本ヒロトの漢字とカタカナが混じった名前とかも似てるじゃん。曲風似てるっていったら悪いけど、お互いザ・ロックって感じだしね。ウルフルズは2014年から活動再開してて、これからもいい曲いっぱいつくってね。

 

 

ええねん

ええねん