ヌーノ・別天地構想

考えすぎてしまう大学生が書く。音楽、ゲーム、生活論。

MENU

スポンサーリンク

とりあえず大学に進学したことを当たり前だと思うなよ

現在、私は大学の4年生です。

バリバリ論文読んで、研究中です。

そろそろ卒論を書かなければいけない時期ですね。

 

単刀直入に本題を書きますが、

大学に通っていることを当たり前のように考えている学生が、

多すぎやいませんかね。

自分で学費を払っている、もしくは借りた奨学金を自分で返すつもりだ、

っていう人に対しては何にも言えませんけど。

 

お節介かもしれませんが、学生が大学に通わせてもらっていることは本当に

当たり前のことではありません。

大学に4年間通うのに、学費、生活費、仕送りなどで、

4年間で500万、それ以上のお金を出してもらっているのです。

学生がポンとだせるような額ではありません。

親に学費を出してもらって、仕送りをしてもらって、

生活をしている学生がほとんどだと思います。

つまり、親にその分の苦労や負担をかけているのです。

 

自分の話をすると、私は国立大学の受験に落ち、

私立の理系大学に入りました。

もちろん、親に学費を払ってもらって大学に通っています。

 

大学という場所に通っていると、

否が応にも自分と他人を比較せねばなりません。いやむしろ比較されます。

家庭が裕福か、どこに住んでるか、服装、容姿、性格。

特に、学生間でその差が顕著に表れるのが、やはり家庭が裕福かどうかだと思います。

私立の大学では親がお金持ちの人が多く、

人によってお金の使い方、お金の羽振りが全く違ったりします。

家賃8万のアパート借りて一人暮らしして、

仕送りも10万貰ってるなんて人が結構います。

 

私は他人と関わり、一緒に学生生活していく中で、

私の家がどんなに貧しいかということを知りました。

大学という場所では、自分の身の程を痛い程知ります。

本当に親に対して、国立大学に落ちてしまったことを申し訳なく思いました。

 

 大学で何をするか

大学で何をすべきか、みたいなことを考える人多いと思うんですけど、

やるべきことの1つはもう既に決まっています。

まずは、勉強をしましょう。

 

何か特別な職業的なスキルを身に着ける、といったような場合ではない限りは、

とりあえず、勉強をするのが一番無難だと思います。

よく言われていることとして、大学生は学費というお金を払って、

自由な時間と環境と学生という身分を買っているのだ、ということを聞きます。

つまり、何をしようが、お金を払っているのだから自由だろっていう考え方です。

 

しかし、大学は義務教育ではありません。学生自身が勉強したくて入ったのです。

実際のところ、大学って授業の日数がほとんどないんですよ。

一年の半分近くが休み。勉強ができる期間って半年間くらいしかなくて意外と少ない。

 

それにもかかわらず、授業がダルいとかいってサボったり、

授業中ろくにノートもとらないで、スマホばっかり弄ってる学生。

さらに、留年してもヘラヘラしてるやつ。

こんな学生がたくさんいるのが現実です。

信じられない。全く共感できません。

私は、留年したら親になんと言えばよいかわかりません。

 

私は、大学生の本分、最優先にすべきことは勉強だと思います。

とりあえず、大学に入ったら勉強を真剣にやりましょう。

真剣にやるから面白い。真剣にやらないと見えてこないこともあります。

さらに言えば、大学で配属される研究室は大体の場合、成績順で決まります。

勉強をしていた方が、後でやりたい研究ができる可能性が高まります。

 

ただ、ひたすらに4年間勉強だけをしていればよい、

というわけでは決してありません。

それは、大学生の間にしか経験できないことがたくさんあるからです。

その勉強以外の空いた時間で、サークル、バイト、恋愛など、

自分の思うままにやりたいことをすればいいと思います。

 

私は学生時代が一番人間が変化する、成長する時期だと思っています。

いろんな人に影響を受けて、いろんなことを出来ます。

本当に何をやっても自由です。やりたいことができます。

学生時代というのは、自由で開かれている素晴らしい時間です。

新しいことをいっぱい始めることができます。

 

サークルに入ってお酒を飲むようになったり、初めてバイトして働くことを覚えたり、

海外旅行したり、気の合う友達が出来たり、彼女が出来たり。

そういった経験ができるのも若い人が集う大学という場所にいるからです。

私は、こんなに素晴らしい環境に居られたことを感謝しています。

 

今後、私は大学院に進学し、さらに2年間研究を行います。

 現在、行っている研究への理解を深めて、さらに発展させたいと考えています。

まだ少しの間、親に負担をかけることになります。

 

最近では、親に楽をさせてあげたいと考えるようになりました。

親は定年を迎えたのに、まだお金を稼ぐために働いています。

貧しいのに、私立の大学に通わせてくれた親に感謝しています。

そう思えるようになれただけでも、大学に行った価値があると信じてます。

 

受験生のみなさんへ

これから、大学受験をするという高校生のみなさんは、

行きたい大学、学部を調べるということも重要なのですが、

まずは、その大学の学費を調べてみて欲しいと思います。

かくいう私も、高校生のときはどの大学に入るか、

いかにして受験勉強を乗り越えるか、それぐらいのことしか考えていませんでした。

 

大学に通うことを当たり前と考えるのではなくて、

これから4年間の生活にどれぐらいのお金がかかるのか

そういったことも考えておく必要があるでしょう。

 

こちらは別の方が書いた記事ですが、参考に読んでみてください。

anond.hatelabo.jp

 

以上、「大学に通っていることを当たり前だと思うなよ」でした。